‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ご協力ありがとうございました

2011 年 3 月 31 日 木曜日

20110331

 

東日本を中心に発生しました震災による被害について、被災された方々ならびに被災地域に関わりのある皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

 

震災からはや20日が経ちました。
震災後は目を覆いたくなるようなニュースが連日飛び込んできました。
学生時代を仙台で過ごした僕にとって、ニュースで流れる光景は本当にショックでした。

 

同時に施設に勤務するものの一人として被災地での施設の状況が気にかかりました。
被災地での障がいのある方々とその家族、そして施設について報道はされていません。
私が聞いた話ですと、施設活動中に利用者のご自宅が津波による被害をうけ、帰るところがなくなってしまい、そのまま通所の施設で生活をしている。
(通所の施設ですから当然生活するための設備はありません)
ご家族と一緒にいられても、本人を1人残して少ない支援物資を受け取る列に並ぶことができないなど、相当な不便を強いられている状態であると伺っています。

 

三和会でも何かできないかと、物資の提供を三和会利用者の皆様とご家族・職員に呼びかけましたところ、多くの物資が集まりました。
写真は集められた物資を整理しているところです。
これはまだ一部です。

 
ご提供いただきました皆様のお気持ちは早速東北へ届けさせていただきます。

 

ご協力ありがとうございました。

今年もお世話になりました。

2010 年 12 月 28 日 火曜日

今年もあとわずかとなりました。
たくさんの方にご支援・ご指導いただき、ありがとうございました。

 

振り返れば、それぞれの事業所で特徴あるモノづくりをおこなってきた年でした。

 

セルプあけぼの「ハーブ苗」、
セルプわたらせ「シュトーレン」、
工房ふじ「ふじまる味噌」、
エルシーヌ藤ヶ丘自家製のブルーベリーを使用した「ジャム」、
そしてセルプおおむろでは漬物作りをおこなっているそうです。

 

上記のモノづくりはみんな職員の提案によっておこなわれてきたものです。

 

さらに「行動制限改善委員会」「高齢者対策委員会」「新人教育委員会」「サービス向上委員会」など、各委員会の活躍も目立ちました。

 

少しでも利用されている方々の活動が充実したものにしようと、職員の皆さんが日々考え、努力していることがうかがえます。

 

「教えていただきたいのですが、ここからどの道を行けばいいのですか」
「それは、君がどこへ行きたいかに大いによるな」

 

『不思議の国のアリス』の一場面です。

 

今、障がい者を取り巻く環境は著しく変化しています。
しかし制度がどうあれ、職員の皆さんは自分がなにをすべきで、どこに向かうべきかをきちんと理解しているようです。

 

来年も頼もしい職員と共に、よりよい事業所をめざしていきたいと思います。