エゴグラム

20100930

 

今日、群馬県知的福祉協会の人権倫理委員会研修会がおこなわれました。
僕はこの委員会の委員になっていますので、今回の研修会を企画・運営する立場で参加させていただきました。

 

今回の研修で講師の第二陽光園の田中さんは、まず福祉協会の組織についてわかり易く説明してくださいました。
改めて考えてみますと、若い職員にとっては「知的障害者福祉協会」ってなんだ?という疑問をもっている人は多かったと思います。
確かにあらたまってこの協会組織について説明をすることはありませんでしたので、よい機会だったと思います。

 

さて、その研修の中でエゴグラムをおこないました。
いくつかの項目にはい・いいえ・どちらでもないでチェックをし、それを項目ごとにグラフ上に書き入れ、最終的にそのグラフがどんな形になるかで自分の性格の特徴がわかるといったものです。
このグラフの目的は自分を知ることで、どんなことに注意をするべきか、良さをどう生かすか、そして、どんなことにストレスをためやすいかを確認し、より充実して業務にあたれるようにすることですが、
自分はこうありたい、と描いていたグラフとはかけ離れ過ぎて・・・

 

複雑な気分です。

コメントをどうぞ